身体中の機能を鍛えることができるトレーニングの実践

トレーニング

加圧で鍛える

加圧トレーニングでは成長ホルモンがしっかり分泌される

加圧トレーニングの特徴として挙げられるのが、成長ホルモンが通常のトレーニングの時より10倍もの量が分泌されることです。この多くの成長ホルモンによって通常以上のトレーニング効果を得ることができます。なぜ、多くの成長ホルモンが分泌されるかというと乳酸が関係しています。通常のトレーニングでも乳酸は発生するのですが、適度な圧力をかけて血流を制限することで部分的に多くの乳酸が溜まることになります。その溜まった状態を脳が感知することで、この乳酸を解消するために多くの成長ホルモンを分泌するようになります。このトレーニングは乳酸を部分的に多く溜めることで、成長ホルモンの分泌を促し効果的に筋肉をつけようというトレーニング方法です。

有酸素運動を取り入れるとダイエット効果も得られる

成長ホルモンは筋肉をつけやすくするだけでなく、脂肪を分解する働きもあるホルモンです。そのため、加圧トレーニングをすることで多くの成長ホルモンが分泌され、多くの脂肪を分解してくれます。しかし、脂肪を分解するだけでは脂肪は減りません。この分解した状態は血液中に脂肪が多くある状態で、この時に有酸素運動をして筋肉を動かすことでこの脂肪を燃焼させることができ脂肪を減らすことができます。そのため、加圧トレーニングをした後に有酸素運動をすると効率よくダイエットをすることができます。加圧トレーニングをする際には、脂肪が燃焼されやすい状態になっているので、もうひと頑張りして効率のよいダイエットをしてみてはいかがでしょうか。

Copyright© 2015 身体中の機能を鍛えることができるトレーニングの実践 All Rights Reserved.